トーク次第でアポできるのは電話でエッチのメリット

相当イイ感じの電話でエッチができた女性に聞いたのですが、彼女はサクラで電話エッチがうますぎてこの業界にスカウトされたそうです。う〜ん、ある意味ドラフト1位だなぁ(笑)。
ツーショットダイヤルをやっていて素晴らしいと思うところは、相手の気持ちが伝わってくるところです。同じ言葉でもトーンで意味合いって変わってきますからね。サイトの登録でサービスポイントを入手したら、つかみの練習に使うのもアリかもしれません。本人のプロフィールを澱みなく言えたら、相手に安心感を与えられます。一期一会であることを考えるとこのやり方は押さえておきたいですね。
テレフォンクラブでユニークなのは、テレホンクラブです。正直、どうやって使うのか滑り出しは困惑しますが、想像を超えるたくさんのメッセージは聞いたほうが良いです。

一期一会だからといって、敬遠される態度をとっていると、シンプルにお金の無駄になるし、知らず知らずのうちにそういった態度をとってしまうので避けましょう。夜更けにツーショットダイヤルに電話をかける場合は、最初に車のガソリンをチェックして、PC画面に地図を開き、濃いコーヒーを飲みます。このパフォーマンスでエッチする可能性をあげます。めったにみないケースですが、地域の話をしたら、憧れの級友に遭遇ww 予想外の同窓会で最後までイッちゃいました( ´∀`)!!
テレフォンクラブの目的は、出会いのチャンスの提供が中心ですが、なかには電話でエッチを動機にするひともいるようです。2ショットはツーショットダイヤルの略で、電話で女の子と2人だけのコールができるサービスのことです。テレフォンクラブと聞いて思いつく定番の形式です。電話番号を教えてもらえたから、喜んでその番号にかけたら、警察につながったという情けない体験は、自分のすべらない話です(笑)
これまで経験したツール(出会い系・SNS)やパーティーのなかでも段違いに当日の待ち合わせ率が高いのは伝言ダイヤルです。最初から会話できることと集客の質がそういった結果を生み出していると思います。エンコーコールは、繁華街の2ショットダイヤルに多いと感じています。原因としては、やはりそのままホテルに行けるということが考えられます。危険を考えると、関わらないべきです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年2月17日

カテゴリー:システム

このページの先頭へ