地域ごとだから即会い率が高い

テレフォンセックスの2つのツボは、「ライト感」と、「めくるめく喜び」です。これらは、フィジカルにも経済的にも精神的にも当てはまります。やったことがないひとはお試しあれ。
話のネタです。1995年に岐阜県で青少年のテレクラを規制する青少年保護育成条例が改正されてそれから、全国の自治体でテレクラ規制条例が制定されました。テレクラに電話をかけてくるおんなの子の目的は、ヒマつぶしが多いです。ある程度早い段階で自分の目的と合致するか確認することは肝要です。2ショットダイヤルは、バブルと共に盛り上がり新宿・渋谷などでは街中で広告メッセージが聞けました。バブルを象徴しているようでした。
けっこう珍しい場合ですが、電話エッチであまりにもノリが合うから待ち合わせするということもあります。そんな時は、即えっち確定ですね。日本に勢いがあった時代、S県のS市にコールする神話的な常連のおさせがいて、コールがつながった男性はほぼ即えっちができたそうです。同じような話は他の店舗でもあったのでは?自分がテレクラ愛好家になったのは、脳にエロいのが大きいです。 仮に、電話で話しているオンナの子が不細工でも、何を想ってもイイですからねww

完璧なオンナの子はまだ見ぬおんなの子という理論はまさに電話でエッチのためにある言葉だと言っていいと思います。電話で話しているオンナの子は貴方の頭の中にいます。最高の女性は自分自身が創造するのです。
ツーショットの話のポイントは、なにはともあれ良い聞き手であることです。世の中の不満を言い出したらこっちのモノ。ギャルが心を開いた証拠になりますね。
90年代、援交が社会問題化するなど、テレクラはどんよりとしたイメージでしたが、いまはだいぶ様子が変わって、清潔で明るい雰囲気になっています。退屈しのぎで電話をかけてくる女子も話題の成り行き次第ではエッチも無理ではないので、そういった腕試し的な要素はツーショットダイヤルの面白さといえます。話のネタです。1995年に岐阜県で青少年のテレクラを規制する青少年保護育成条例が改正されてその後、日本各地の自治体でテレクラ規制条例が定められました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2015年1月12日

カテゴリー:即会い

このページの先頭へ