直アド系とテレクラを較べてみた

最近は、どこからでも2ショットダイヤルが利用できるので、店舗から遠くてツーショットが利用できなかった人には勝手がよくなっています。ツーショットも電話一つの時代が訪れました。テレホンクラブは時間がない人に適切です。メールなら一瞬で終わるよ?という見解も伺われますが、伝えられる情報量が多いのは電話です。出会い系では考えられない当日の当日の待ち合わせは普通です。
テレホンクラブで会ったオンナの子に嫌なタイプのオトコを聞くと、いつも自慢する人という返事があります。相槌をうってくれていても相手にストレスを与えているケースはあるので、気をつけましょう。テレクラの登録は電話をかけて、ガイダンスに従っていけば苦も無くできます。しかし、PWを聞かれる番組が多いので、あらかじめ覚えやすい4ケタの数字などを決めておきましょう。伝言ダイヤルは、バブルと共に盛り上がり新宿などではどこでも宣伝が鳴り響いていました。かなり耳に残る文句だった記憶があります。
基本的な話で、テレホンクラブのタブーとして、詮索をあげておきたいと思います。レクレーション という側面から見ると、リアルな自分を嗅ぎまわるのはやぼというものです。OVER50の人に言いたいのは、オヤジ力は使い用ということ。これほどギャップを発揮できるものはありません。使い方でゴージャスな人ともキモイ人にもなるので、研究してみましょう。通話の導線作りを意識したことはあるでしょうか?最終的に約束につながるように、その入り口を作るのです。面接で用いられる自分のペースに持ち込む会話方法なので応用できると最強の味方になります。

スムーズな電話で思った以上に効き目があるのはネタの過剰書きです。初歩的ですが、これがあるだけで安心感があるからイケイケに話せて、結果として澱みないコールになります。前から言われるように遊びに焦りは禁物です。とりわけビギナーの間は伝えるべきことを伝えずに即マンを狙ってしまうから、手ひどくやられます。とりあえず最初は焦らないことを気をつけましょう。
私が最も食いつくのは、夫がある程度ステータスのある職業の人妻です。聞き出すのは簡単じゃないけど、そこまで話させたら、即Hに限りなく近づきますよ。出会い系では、ひどいケースは、メールの相手がサクラの男の人ということもありえますが、ツーショットでは実際に会話するので、そういうことはありません。ツーショットダイヤルのアポ率の高さの要因に地元率高いことがあげられます。物理的、心理的な距離が近いのでお相手も心を許しやすくなるようです。
風呂に入りながらのテレフォンエッチって好きなんですよね。健康センターが好きなんだけど、あれ以上のエデンの園ですね。カラダも頭もほっこりしますよ。あ、防水仕様の電話でやってくださいね。自分はクチビルのちゅぱちゅぱがフェバリットです。なんともいえないシズル感が想像力を刺激してそれが快感みたいな感じです(笑)。軽く病的な感覚だって自覚しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年11月26日

カテゴリー:サクラについて

このページの先頭へ