エッチがしたい人のテレフォンクラブハウツー

スマートに話そうとするあまり、無意識で早口になってしまう人がいます。相手にとっては、営業トークをされているような気分になってしまうので、注意したいものです。すでにテレフォンクラブを知っている人は、前のイメージでブラックな遊びという印象かもしれませんが、この頃はだいぶ様変わりして、出会いを提供するひとつのコミュニケーションツールとして認識されています。
テレフォンクラブでエッチするには、利他的な態度をとることです。会ったこともない人で利己的な人間であれば、どんな人でも自分の貴重な時間を使おうと思いません。対人関係で必須とされるのは、相手を認めることです。必然ですが、自分を認めない人物に共感することはありません。会話の時には注意しましょう。
これまで経験した出会いの場の提供(出会い系・SNS)やパーティーのなかでも段違いに当日のアポ率が高いのは2ショットダイヤルです。直接話せることと客集めの質がそういった結果を生み出していると思います。

テレフォンセックスには色々なポイントがあるけど、これだけは言っておきたいのが、何度もやってみようということです。はじめからイイ女性に出会えるとは限りません。1回最後まで経験したうえで判断してもらえると良さが伝わると思います。電話でエッチのやり方で「どこをいじってる?」を聞くのはお決まりの形式と言えます。経験者ならば、ここで気の利いたリアクションを見せてくれます。
無難でハズレないのは、鉄道トークです。地味かもしれませんが、多くの人に共通する話題なので、親密度を増すには大変効果的です。
テレフォンクラブにおける小技ですが、何度も利用しているとガイダンスがうっとおしくなることがあります。そういう際は、途中でも次にプッシュする番号を押してしまいましょう。そのまま進めます。伝言ダイアルでは、エッチの相手募集という名目のメッセージが思いのほかたくさんあります。こういう場合は早い者勝ちなので、即アタック!!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年1月5日

カテゴリー:サクラについて

このページの先頭へ