目的を決定させるメソッド

テレフォンエッチをするなら、なにはともあれ状況設定をしましょう。正直言って、これが成功失敗に関わるといっても過言ではありません。上下関係ができやすい設定は、ピッタリです。
平成生まれのテレフォンクラブを知らない若者が出てきたことにより、以前のブラックなイメージの偏見を持たない世代がサービスのひとつとして使うパターンが急増しているようです。なぜ運営者がラッキーコードを設定するかというと、宣伝の成果を測るためです。ユーザーとしては、敢えてコードを入力しない理由はないし、運営者としても妥当なお金の運用ができるので、お互いWIN-WINなシステムです。
風俗やテレクラで時たまマジメぶるユーザーがいるようです。はっきりいって、それでアピールできるわけではないので、本当の私を出すように心がけましょう。ギャップを意識してお話をすることで、女の子もリアクションをとりやすくなります。それによって、会話が弾みやすくなることがギャップの副産物と思います。知っておきたい情報ですが、電話番号は紙にメモっておきましょう。意外と携帯の打ち間違いは多いです。一先ず紙に覚書きを残すだけで、自爆する確率は減ります。

変わった視点かも知れませんが、相手の目的を引き出すポイントは、自らの動機を伝えることです。これが最強の方法だと、個人的な意見ですが確信しています。たいてい16〜18時にTELする時は、その日行きたいお店を抜出ししてから電話をすることが多いです。ウマイお店を話のタネにすると約束をする確率は高いです。
テレフォンSEXのポイントを聞かれることがあるのですが、そんなシーンでは「好きなようにやればイイ」と言ってます。詰まり、言葉選びに貴男のセンスが出るので、上達するには回数をこなすしかないのです。処女喪失プレイはがっつり萌えます!無論、実際は経験ある女の人だとは思いますが(笑) 電話をする相手も話が盛上がるので、どうあっても経験してみてください(・∀・)
テレクラのお店の雰囲気はひと言でいえば、マン喫風です。マン喫の個室と同じように1畳ほどの広さに机や液晶モニターなどがあり、マン喫との違いといえば電話が卓上の電話が備え付けられている要素くらいです。2ショットダイヤルの店内を知りたい時は、youtubeなどで検索すると沢山出てきます。丁寧な作りのものが多いので、確認すると興味深いですよ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年2月26日

カテゴリー:テレクラの歴史

このページの先頭へ