これは凄い!エンコーの追い風

いやらしいことばかり考えてしまう日ってありますよね?そんな日は、場所を選ばないでイケる電話でセックスですっきりします。どこでもイケるのってかなり大きな長所だと思います。
バブル期全盛の時代、C県のC市にコールする噂の常連のサセ子がいて、コールがつながった利用者はほぼ即えっちができたそうです。同じような話は他の店舗でもあったのでは?嫌われるかもしれないけど、テレフォンSEXできるのは、テレクラの楽しいところではないでしょうか? 個人差はありますが、わたしにとっては、物凄い特典ですww
簡単な話だけど、マップがあれば約束する場所を決めるのは、スムーズになります。わたしは相当のケチだから、そういうところで無駄を省けるとすごくありがたいです(笑)いくらかテレフォンクラブに慣れたら、トークの設計図を作ってみましょう。細部は無視してアバウトな話す流れがあるだけで、貴方を簡単に売り込むことが可能になっています。

ワタシの掟では、テレフォンセックスは知らないもの同士でいることです。やっていると興味を持つようになるのは至極当たり前ですが、会うことで想像が膨らまなくなります。会って想像以上の醜女だったら、ムカつくことになります。
テレフォンクラブで成功するには、声を誉めるのはイイやり方です。悪い気はしないし、ヨイショするポイントとしても堅いですね。
お勧めの情報としては、ある程度時間がある時はまとめて複数登録すると無料ポイントだけで一日遊べてしまうということ。ワタシは浅ましいから携帯を変えたら必ずやりますね(笑)私の経験から出た答えですが、ワンナイトラブは、夜中のCALLが多いと思います。類推ですが、相手もそのつもりで電話をかけてくることが多いのではないかと考えます。テレビでたまに出てくるテレフォンクラブ絡みの事件は、やっぱり18歳未満にエッチなことをすることによって拘束されているケースがほとんどです。絶対に淫行はしないようにしましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2012年11月23日

カテゴリー:テレクラの歴史

このページの先頭へ