2ショットダイヤルのタブーは宗教

そうそう、なぜかテレクラではスポーツ自慢をする男性がいます。これはやってはいけない項目のひとつです。聞いても、女性になんのPRにもなりません。オンナの子の気持ちを向かせるために、キャッチフレーズを作ってみてはどうでしょうか?ワンフレーズででアナタを伝えることで、オンナの子はもっと貴男を知りたいと思うでしょう。もちろん、演出はアリですWWW。
地域の話が出ると、瞬く間にオンナの子の警戒感落ちるのを何度も体験しました。 そうなるとこちらもマイペースだから、嬉しい出会いに繋がります。
プロになると、セリフで電話でエッチの状況設定をしてしまいます。渡る世間は鬼ばかりみたいにいかにも説明っぽくする必要はないけど、職業などはセリフに混ぜるとナイスです。

ロマンがないという声があがりそうですが、声のパターンや会話した内容の備忘録を残すと、テレレを判定できることがあります。我ながらそこまでやり込むのもどうかと思いますけどWWW昔から言われるように遊びに焦りは禁物です。特に初めての間は伝えるべきことを伝えずに即マンを狙ってしまうから、苦汁をなめます。とりあえず最初は焦らないことを気をつけましょう。
メール交換の経験がある方は分ると思いますが、イイ感じでやりとりしていたハズなのに、急に連絡がつかなくなるケース。これは相手に考える時間を与えてしまっているからですね。テレホンクラブであれば、その場で待ち合わせまで決めるので即時性が高いです。出会い系しかやったことがない人はテレフォンクラブをするとアポのハードル低さにびっくりするかもしれません。メールと電話では、最後の一押しの圧力が完全に違ってきます。
私がテレフォンセックスを好きな要因は、変態的なことが出来る点です。たぶん、史上初の鳥類に対するフェチさへ受け入れてくれる器のでかさがあります。電話でエッチの2つのキーポイントは、「簡単さ」と、「喜悦の声」です。これらは、物理的にも財布の厚さ的にも精神的にも当てはまります。やったことがない人はお試しあれ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2012年6月14日

カテゴリー:テレクラの歴史

このページの先頭へ